Editor's note,お知らせ

飯舘村立飯舘中学校 民話紙芝居のアニメ化作品「おちよ蛇類明神」完成試写会

2016年2月29日  

飯舘村立飯舘中学校 アニメ「おちよ蛇類明神」

ネット動画配信サイト「きぼうチャンネル」が飯舘村で開局して以来、飯舘中学校の生徒たちと協同制作として取り組んできた待望のアニメーション作品「おちよ蛇類明神」が完成しました。
3月2日、制作スタッフが駆けつけて飯舘中で、完成試写会が行われます。試写会には全校生徒のほか保護者、学校関係者、役場の皆さんが参加することになっています。
試写会のあと「きぼうチャンネル」で作品を配信するほか、生徒たちの制作過程を映像で記録した毎日映画社福島支局の映像を併せて配信します。
 

飯舘中の挑戦「紙芝居のアニメ化」 完成試写会

  • 場所     飯舘村立飯舘中学校 多目的ホール
  •        住所 福島市飯野町明治字藤柄13-2
  • 日時     3月2日 午後1時~
  • 問い合わせ  飯舘中学校 ☎024-573-1161(山田先生)
  • 上映予定   飯舘村のネット動画「きぼうチャンネル」で配信

 

中学2年生 総出演

飯舘村の「語り部」の菅野てつ子さんが語り伝えた民話「おちよ蛇類明神」を、飯舘中の2年生が紙芝居にしました。アニメーションはその紙芝居の絵を原案にして制作をしています。菅野さんが冒頭などの「語り」を担当し、主人公などの声の出演は生徒たちです。声に出演のほか、台本を作り、記録を整理するなど様々な役割を担当しました。2年1組の生徒がエンディング音楽「ふるさと」を合唱し、歌をバックに中学の思い出を写真で演出しました。録音も仮設校舎の音楽室に機材を持ち込み収録しました。

アニメーション制作チームと生徒たちが、力を寄せ合って作ったのがこのアニメーションです。
 

あらすじ

昔、母思いの男と母親が仲良く暮らしていました。ところが母親は突然亡くなり、男は一人ぼっちになってしまいます。一人寂しく暮らしていると、ある夜、若くて美しい娘「おちよ」が男の家に訪れ畑仕事を手伝い、身の周りの世話をしてくれるようになりました。いつしか「おちよ」は子供を授かる事が出来ました。子供が生まれる夜、おちよは「この部屋は絶対のぞいちゃなんねえ」と言い、奥の部屋に入っていったのですが…。
 

, , , , , , ,

Editor's note,お知らせ

毎日新聞全国版で「きぼうチャンネル」を紹介

2015年12月7日  

2015年12月4日(金)毎日新聞に掲載「きぼうチャンネル」

飯舘村が「きぼうチャンネル」-の見出しで、毎日新聞は12月4日付の全国版で、飯舘村と毎日映画社が開局したインターネット動画放送局を紹介しています(記事、写真)。
掲載された記事は、毎日新聞社が毎週金曜日に発行しているページ「希望新聞」のコーナーです。希望新聞は、同社が1995年に発生した阪神大震災を機に発行を開始。2011年3月、東日本大震災が発生した直後に、再び発行を始めました。被災地の様子をはじめ、被災地を支援する活動まで幅広く取り上げています。
4日付朝刊版の記事は「われら飯舘村民」のワンシーンの写真を使い、番組の構成と「までいの食卓」などの番組内容を紹介しています。
きぼうチャンネル」は地元紙の福島民報、福島民友、東北ブロック紙「河北新報」など多くの報道機関の皆様に紹介していただきました。
飯舘村は「記事を介して多くの人に番組を観ていただくことが励みになります」と話しています。
More…

,

BS,Editor's note,お知らせ

BS11の報道番組で「きぼうチャンネル」を紹介

2015年12月4日  

onze

衛星全国放送「BS11」(東京)が12月7日、日曜日の夕方(午後6時)の報道番組「ウィークリーニュースОNZE」の中で、1日に開局したインターネット動画放送局「きぼうチャンネル」を紹介しました。
 開局日に、きぼうCHで放送した「われら飯舘村民」「いいたてトピックス」のワンシーンなどが映されました。今後、東京のFМラジオ局などが、きぼうCHを取り上げる予定です。

ウィークリーニュースONZE
きぼうチャンネル

, ,

Editor's note

ネット動画放送局「きぼうチャンネル」開局、福島県飯舘村を拠点に

2015年12月1日  

スクリーンショット 2015-12-01 14.29.23

毎日映画社と福島県飯舘村は12月1日、インターネット動画放送局「きぼうチャンネル」(アドレスはhttp://kibou-ch.com/)を開局し、動画配信を開始しました。

飯舘村は2011年3月11日、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、いまだに全村避難を続けています。毎日映画社は「飯舘村が主体的に情報を発信する」ことについて、足掛け4年にわたって村役場、村議会、村民の皆様と協議を重ねてきました。
その結果、世界中の多くの人の共通言語とされる「映像」を駆使し、インターネットを使って「復興に向かう村民の姿」を配信することにしました。

開局に向けて毎日映画社は、培ってきた映像制作技術とスタッフを福島に配置するため、福島市荒町に「毎日映画社福島支局」(電話024-573-5355)を開設しました。ここを拠点に日々、取材と映像制作に取り組んでいます。

きぼうチャンネルHPには「放送局名は『制作する番組が村民に希望を与えることができる作品になる』ことを願って命名しました」と記載されています。
放送している番組などについては毎日新聞、読売新聞、河北新報、福島民報をはじめとする各報道機関に紹介していただきました。また、番組にはさっそく反響が寄せられています。

, , , ,

copyright©2019 Mainichi Productions.All right reserved.