お知らせ,制作実績

「蒔絵 室瀬和美 ~時を超える美」が、シルバー・スクリーン賞

2019年10月11日  

「蒔絵 室瀬和美」

アメリカ・ロサンゼルスで開催された世界的映像祭「U.S. 国際フィルム&ビデオフェスティバル」で、当社制作の「蒔絵 室瀬和美 ~時を超える美」が、シルバー・スクリーン賞を受賞しました。この映像祭は、1967年に創設された世界最大級の映画祭で、「コーポレート」「教育」「エンターテイメント」「ドキュメンタリー」「学生」の5分野にわかれ、毎年20数ヶ国からエントリーがあります。この作品は、2018年優秀映像教材選奨で最優秀作品賞を獲得したのに続き、2つ目の受賞となりました。

お知らせ,制作実績

「木工芸 ―須田賢司のわざー」が最優秀作品賞を受賞

2019年8月2日  

作品01

日本視聴覚教育協会が主催する、令和元年度優秀映像教材選奨において、当社制作の映像作品「工芸技術記録映画 木工芸 ー須田賢司のわざー」が、最優秀作品賞を受賞しました。
須田賢司氏は、父・須田桑翠(そうすい)に師事し、指物を中心とする伝統的な木工芸の技法を習得しました。その後、更に研鑽を積み、平成26年には、重要無形文化財「木工芸」の保持者(人間国宝)に認定されました。
須田氏は、国内外の多様な材を用い、その木目や色彩を活かした、精緻な構造かつ独創的な形態の作品を制作しています。象嵌などの装飾や拭漆などの仕上げ、また金具の制作に至る全ての工程を、自ら手掛けることで生み出される繊細かつ気品あふれる作品は、その雅趣に富んだ作風で高い評価を得ています。
本映画では、須田氏のわざと木の生み出す美の世界を、35㎜フィルムの深い質感のある映像で表現しました。

Editor's note,お知らせ,制作実績

平成29年度優秀映像教材選奨の優秀作品賞を受賞

2017年8月4日  

170510_竹工芸ジャケット.indd

当社制作の映像作品「小説家 吉村昭」と「竹工芸~藤沼昇のわざ~」が、日本視聴覚教育協会が主催する、平成29年度優秀映像教材選奨の優秀作品賞を受賞しました。

 

「小説家 吉村昭」
書くことだけが生きがいだった小説家、吉村昭。
吉村昭の生涯と文学の特徴を、夫人である作家の津村節子さんや友人の瀬戸内寂聴さん、また吉村昭を担当した編集者たちの証言で描き出した作品です。

吉村昭

 

平成28年度工芸技術記録映画「竹工芸~藤沼昇のわざ~」
栃木県大田原市在住の竹工芸作家、藤沼昇。その緻密で独創的な作品は国内外で高い評価を受けています。この映画は、その「わざ」の記録にとどまらず、藤沼が一貫してテーマとしてきた「気」の意味するものをとらえ、竹工芸の新たな作品に挑む藤沼の熱い思いに迫った作品です。

170510_竹工芸ジャケット.indd

, , , , , , , , , , , , ,

copyright©2019 Mainichi Productions.All right reserved.