資料映像

歴史の証言者・・・映像の宝庫

銀座

戦前の「東日大毎ニュース」、「毎日ニュース」、短編映画の数々。
企業・団体.学校などの歴史をつづる作品では、時代相を描く資料映像の活用が効果的。テレビ番組からの需要も盛んです。

東日大毎ニュース

1930年~1939年の貴重なニュース映像です 。
日中戦争前夜、戦争に突入していったあのころの時代が、生々しい映像で伝わってきます。

記録映画「海の生命線」

当時日本が統治した南洋群島(マーシャル、カロリン、マリアナ諸島)の歴史や民俗を紹介した劇場映画で、文部大臣賞を受賞。戦前の文化映画の傑作の一つといわれています。

毎日ニュース

モノクロ作品、1960年9月~1973年2月迄。映画館で毎週公開されたニュース映画で、事件・世相・政治・風俗等、昭和史を語る貴重な映像です。

 

映像ライブラリーの特長

時代を記録した貴重な映像としての「ニュース映画」 伝統工芸などを後世に伝える「記録映画」官庁・自治体のPRとしての「広報映画」を保有しています。

ニュース映画の種類・年代

  • 大毎キネマ (1930~1931)
  • 大毎東日キネマ (1933)
  • 東日大毎国際ニュース (1935~1939)
  • 毎日ニュース(1960~1973)
  • 短編映画は昭和30年より製作 官庁広報映画
  • 全国各自治体広報映画
  • 企業PR映画
  • 神社関係記録映像
  • 博物館紹介映像
  • 教育映画 など
copyright©2017 Mainichi Productions.All right reserved.