BS,お知らせ,山岳

「ナマステ・インディア」で「インドの聖峰 ナンダ・コット征服」を上映 インド人も感激の拍手!

2017年9月29日  

ナマステ・インディア上映会

東京に秋晴れが広がった9月24日、代々木公園イベント広場で開催されたインドの祭典「ナマステ・インディア2017」で、山岳ドキュメンタリー映画「インドの聖峰 ナンダ・コット征服」の上映講演会を行いました。 More…

, , , , , , , , ,

BS,お知らせ,山岳

ナンダコート出発

2017年9月19日  

大蔵隊長(中央)ら登山隊5人

立教大山岳部の登山隊(堀田弥一隊長)が1936年に日本人として初めてヒマラヤの未踏峰「ナンダ・コート(6867m)」に初登頂して80年を経たのを記念し、再登頂する遠征隊一行は17日、成田空港からインドのニューデリーに向け出発しました。
遠征隊は、登山家の大蔵喜福さん(66)を隊長として立大山岳部OB2人を含む5人と、登頂の様子などを記録する毎日映画社の撮影隊4人の計9人。遠征隊は今回、堀田隊長たちが登頂の証として山頂に埋めた立大の校旗、毎日新聞社旗などを探し、日本山岳史に残る初登頂の偉業を検証します。 More…

, , , , , , , , , , , ,

お知らせ,山岳

「山と渓谷9月号」ナンダ・コートを紹介

2017年8月10日  

山渓201709

 ナンダ・コート初登頂80周年記念プロジェクトは、インドへ遠征隊を9月には派遣するなど大詰めを迎えています。
 本プロジェクトは、すでに毎日新聞、朝日新聞、東京新聞、地方紙など各紙で報道していただいたほかNHK、TBS、テレビ朝日など放送局各社に取り上げていただきました。
 このたび山ファンの愛読誌として伝統ある雑誌「山と渓谷9月号」(8月15日発売)で、「ナンダ・コート初登頂から81年。山頂に埋められた旗を探索へ」の見出しで一頁を使って紹介していただいています。
 同号は昨年来続く「登頂時に使用したテントの発見」「35mmフイルムで撮影された世界初の山岳ドキュメンタリー映像の発見」にも触れ、登山の目的などを記事化しています。

, , , , , , , , , , , , ,

お知らせ,山岳

ナンダ・コート初登頂80周年記念事業  立教大学で遠征隊 壮行会

2017年7月5日  

7/4ナンダーコート壮行会

日本初のヒマラヤ遠征隊である立教大学山岳部が1936年、ヒマラヤの未踏峰「ナンダ・コート」(6867m)登頂に成功して81年目。その80周年記念事業の一環で企画されたナンダ・コート再登頂遠征隊の壮行会が7月4日、東京都豊島区の立教大学で行われました。

壮行会は、構内のチャペルで挙行され、吉岡知哉総長、中川英樹チャプレンが隊員の大蔵喜福(隊長)、堀達憲、鈴木拓馬、山田祐士を激励しました。隊員達は「心をあわせて目的達成のために全力を尽くします」と誓いました。
遠征隊は9月17日に日本を発ってインドに入り、10月5日の登頂を目指します。81年前、立大山岳部(堀田弥一隊長、隊員計5人)は初登頂成功の証として山頂に立大校旗、日章旗、毎日新聞社旗を埋めて来ました。今回、遠征隊は山頂に埋めた旗を探し、日本山岳史に残る堀田隊長達の足跡を検証します。

壮行会に先立って遠征隊派遣の記者発表が同日、立大構内で行われました。併せてアルピニスト、野口健氏が記念講演し、山をめぐる自信の体験などを語りました。

毎日新聞20170705

, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

山岳

登山家、栗城史多氏 ナンダ・コートを想う

2017年5月2日   Video

1936(昭和11)年、ヒマラヤの未踏峰「ナンダ・コート(6867m)」を征服した立教大学山岳部の若き学生達の夢を、大蔵喜福(64)、栗城史多(34)の2人の登山家がナンダ・コート初登頂80周年を記念して語り合った。
大蔵は、マッキンリーに24回登頂し、「風の研究」で第三回秩父宮記念山岳賞に輝くベテラン登山家。栗城は、六大陸の最高峰に登頂し、無酸素、単独でエベレストに挑み続ける若きアルピニスト。
栗城は、十分情報の無い時代に独学でヒマラヤの山を研究し、未踏峰に挑んだ学生達の夢の力に驚き、“否定の壁”を超えた初登頂の偉業を称えた。
大蔵は今年10月、立大山岳部OB達と遠征隊を組んで再びナンダ・コートの頂を目指す。大蔵は、真摯に語る栗城の話に耳を傾け、80年前の学生達のロマンをトレースしていた。
ナンダ・コート初登頂80周年記念事業は今秋、再登頂の山場を迎える。

お知らせ,山岳

「夢枕獏氏 ヒマラヤを語る」~ナンダ・コート初登頂80周年記念プロジェクト~

2017年4月26日  

ベストセラー「神々の山嶺」の作家 「夢枕獏氏 ヒマラヤを語る」

ナンダ・コート初登頂80周年記念事業実行委員会(代表幹事・毎日映画社)は5月28日、東京・品川の「大崎ブライトコアホール」にて作家、夢枕獏氏を招き、記念講演会を開催します。

ナンダ・コート(6867m)はヒマラヤ山脈に位置し、1936(昭和11)年、日本初のヒマラヤ遠征を敢行した立教大学山岳部(堀田弥一隊長)によって登頂されるまで、未踏峰の山でした。世界で初めて登頂に成功した立教大山岳部の偉業は、日本山岳史における「金字塔」とされています。

しかし、日本は同年の二・二六事件に端を発し日中戦争、太平洋戦争へと突入し、初登頂の偉業は戦火の中で忘却されていきました。
初登頂80年目に当たる昨年、隊員として同行した大阪毎日新聞社の竹節作太記者(故人
)の生家(志賀高原)で登頂時に使ったテントなどが発見されました。また、幻の山岳ドキュメンタリー映画と言われ、長年所在不明になっていた「ヒマラヤの聖峰 ナンダ・コット征服」(28分)のプリントフィルムも公益財団法人日本山岳会の倉庫で発見されました。

夢枕氏はベストセラー小説「神々の山嶺」などの著作で知られる通り、山通の作家です。80年前にヒマラヤを夢見た学生達の偉業の「今日的意味、価値」などを語ります。
また、対談者は今秋、再びナンダ・コートに遠征する登山隊隊長を務める登山家、大蔵喜福(毎日映画社顧問)が務めます。「ヒマラヤの聖峰 ナンダ・コット征服」も上映します。

▲日時:5月28日(午後1時開場 午後1時半開演
▲場所:大崎ブライトコアホール(東京都品川区北品川5-5-15)

入場は無料で定員300人を予定。5月19日まで先着順で受け付けます。
参加を希望する方は氏名、電話(携帯)、メールアドレスを付記(通知)して申し込むことが出来ます。

電話 03-3518-4112 (毎日映画社内 記念事業事務局)
FAX 03-5280-0030(参加申込書0425)をダウンロードして必要事項をを記入の上、FAXしてください。
メール nanda@mainichieiga.co.jp

 

 

nanda_kot_ref_0418ss_1

nanda_kot_ref_0418ss_2

, , , , , , , , , , , ,

Editor's note,TV,山岳

マレーシアの国営放送RTMとの共同制作(その2)

2014年12月16日  

10849045_768480673241726_6071372530421834774_o

12月3日から9日まで、マレーシアのRTMメンバーと一緒に八ヶ岳の天狗岳ロケに行ってきました。
天候は、折からの寒波襲来で雪・雪・雪、気温も常時マイナス10度以下という状況でしたが、全員無事に天狗岳登頂に成功しました!

きっと面白い番組になると思いますよ!

We shot in Tengdake of Yatsugatake from December 3 to 9th.
They were very cold days, but all of us were able to reach the peak of Tengudake.
I hope this program will be very interesting and exciteing!

1557342_768481283241665_6856318419529673617_o

1618325_768481296574997_7760302437357321811_o

10862665_768481773241616_7372001601348441501_o

Editor's note,TV,山岳

マレーシアの国営放送RTMとの共同制作

2014年12月2日  

10801633_760281517394975_9113382992417920723_n

いよいよ今日からマレーシアの国営放送RTMとの共同制作が始まりました。
マレーシアからAzlan,Bob,Azureの3人が毎日映画社に到着。
八ヶ岳登山に向けての準備・ミーティングを行いました。

明日からロケです。無事、天狗岳に登頂できるのか!?

A member of RTM (Azlan,Bob,Azure) arrived at Japan today from Malaysia.
We will go to Nagano and challenge winter mountain climbing of the Yatsugatake ,tomorrow.

 

10355625_760281537394973_3993280011032855670_o

1978477_760281554061638_1366651261936571208_o

copyright©2017 Mainichi Productions.All right reserved.