BS,お知らせ,山岳

ナンダ・コート初登頂80周年プロジェクト  ドキュメンタリー番組製作進む!

2017年11月1日  

DSC00945-1980

立教大学山岳部(堀田弥一隊長)は1936年、ヒマラヤの未踏峰「ナンダ・コート(6867m)」に、日本人として初めて登頂に成功しました。初登頂80周年を迎えた昨年来
①35mmフイルムで撮影した世界初の山岳ドギュメンタリー映画「ナンダ・コット征服」の捜索、発見修復
②隊員達の足跡検証と初登頂時のアタックテント発見
③ナンダ・コート遠征隊を再び派遣する–活動に取り組んできました。
80年前のフイルム探しに始まった今回のプロジェクトは、日本山岳史上に残る数々の山岳遺産の発見が相次ぎました。そして最後に9月17日、立大山岳部OB2人を含む登山隊をナンダ・コート遠征に送り出しました。遠征隊は10月7日、山頂を目指しました。
現在、約2年間にわたるヒマラヤの聖峰ナンダ・コートをめぐる一連の活動記録を2時間の長編ドキュメンタリー番組として製作しています。
放送は日本BS放送(BS11)で、12月16日(土)夜8時です。
お世話になりました皆様に、心より御礼申し上げます。さらに、年末に放送する番組をご覧いただければ幸いです。

写真は、眼前に広がったヒマラヤの大パノラマ
DSC00945-1980

, , , , , , , , ,

BS,お知らせ,山岳

「ナマステ・インディア」で「インドの聖峰 ナンダ・コット征服」を上映 インド人も感激の拍手!

2017年9月29日  

ナマステ・インディア上映会

東京に秋晴れが広がった9月24日、代々木公園イベント広場で開催されたインドの祭典「ナマステ・インディア2017」で、山岳ドキュメンタリー映画「インドの聖峰 ナンダ・コット征服」の上映講演会を行いました。 More…

, , , , , , , , ,

BS,お知らせ,山岳

ナンダコート出発

2017年9月19日  

大蔵隊長(中央)ら登山隊5人

立教大山岳部の登山隊(堀田弥一隊長)が1936年に日本人として初めてヒマラヤの未踏峰「ナンダ・コート(6867m)」に初登頂して80年を経たのを記念し、再登頂する遠征隊一行は17日、成田空港からインドのニューデリーに向け出発しました。
遠征隊は、登山家の大蔵喜福さん(66)を隊長として立大山岳部OB2人を含む5人と、登頂の様子などを記録する毎日映画社の撮影隊4人の計9人。遠征隊は今回、堀田隊長たちが登頂の証として山頂に埋めた立大の校旗、毎日新聞社旗などを探し、日本山岳史に残る初登頂の偉業を検証します。 More…

, , , , , , , , , , , ,

お知らせ,販売商品

『マナスルに立つ』カラーコレクション版
DVD販売 8月10日発売

2017年8月10日  

Print

1956年(昭和31年)5月9日に日本の登山隊がマナスルに初登頂しました。 2016年(平成28年)は、マナスル初登頂に成功して60年の記念の年にあたります。 マナスルは、標高8163mのネパールの山でヒマラヤ山脈の属し、14座ある8000m超の山の第8位。戦前、戦後すぐの時期に世界各国の登山隊がヒマラヤの8000m峰の初登頂にしのぎを削っていましたが、敗戦で打ちひしがれていた日本が唯一、世界初登頂を成し遂げた山がマナスルです。 マナスル初登頂60周年を記念して「マナスルに立つ」カラーコレクション版を販売致します。

お申し込みは、「マナスルに立つ カラーコレクション版」DVD購入申込書に必要事項を記入の上FAXで送付してください。

※ご入金後、送付手続きを取らせていただきます。(おおむね一週間以内) 送付前に申し込みいただきました電話番号もしくはE-MAILにご連絡する場合がございます。 場合により、発送が遅れることがございます。あらかじめご了承願いします。

※初回発送に関しては、8月21日(月)以降になります。ご了承のほど、よろしくお願いします。

, , , , , , , ,

お知らせ,山岳

「山と渓谷9月号」ナンダ・コートを紹介

2017年8月10日  

山渓201709

 ナンダ・コート初登頂80周年記念プロジェクトは、インドへ遠征隊を9月には派遣するなど大詰めを迎えています。
 本プロジェクトは、すでに毎日新聞、朝日新聞、東京新聞、地方紙など各紙で報道していただいたほかNHK、TBS、テレビ朝日など放送局各社に取り上げていただきました。
 このたび山ファンの愛読誌として伝統ある雑誌「山と渓谷9月号」(8月15日発売)で、「ナンダ・コート初登頂から81年。山頂に埋められた旗を探索へ」の見出しで一頁を使って紹介していただいています。
 同号は昨年来続く「登頂時に使用したテントの発見」「35mmフイルムで撮影された世界初の山岳ドキュメンタリー映像の発見」にも触れ、登山の目的などを記事化しています。

, , , , , , , , , , , , ,

Editor's note,お知らせ

立教大学季刊誌「立教」にナンダ・コート遠征隊の記事

2017年8月8日  

rikkyo0704壮行会-1

年4回発行している立教大学の季刊「立教」(2017年夏号)は、7月4日に立大で行われたナンダ・コート遠征隊の壮行会を紹介している。

同号は、東京六大学野球で18年ぶりに、全日本大学野球選手権大会で51年ぶりに、それぞれ優勝した記事を巻頭に掲載しており、多くの立大関係者も「ナンダ・コート遠征隊」を知る機会になっています。

今回の遠征隊は、81年前の初登頂と同じくドキュメンタリー映像として記録し、年末にテレビ番組として放映(全国無料衛星放送BS11)する予定です。

番組制作は順調に国内取材などを進めています。

rikkyo0704壮行会+表紙

, , , , , , , , , , ,

Editor's note,お知らせ,制作実績

平成29年度優秀映像教材選奨の優秀作品賞を受賞

2017年8月4日  

170510_竹工芸ジャケット.indd

当社制作の映像作品「小説家 吉村昭」と「竹工芸~藤沼昇のわざ~」が、日本視聴覚教育協会が主催する、平成29年度優秀映像教材選奨の優秀作品賞を受賞しました。

 

「小説家 吉村昭」
書くことだけが生きがいだった小説家、吉村昭。
吉村昭の生涯と文学の特徴を、夫人である作家の津村節子さんや友人の瀬戸内寂聴さん、また吉村昭を担当した編集者たちの証言で描き出した作品です。

吉村昭

 

平成28年度工芸技術記録映画「竹工芸~藤沼昇のわざ~」
栃木県大田原市在住の竹工芸作家、藤沼昇。その緻密で独創的な作品は国内外で高い評価を受けています。この映画は、その「わざ」の記録にとどまらず、藤沼が一貫してテーマとしてきた「気」の意味するものをとらえ、竹工芸の新たな作品に挑む藤沼の熱い思いに迫った作品です。

170510_竹工芸ジャケット.indd

, , , , , , , , , , , , ,

お知らせ,山岳

ナンダ・コート初登頂80周年記念事業  立教大学で遠征隊 壮行会

2017年7月5日  

7/4ナンダーコート壮行会

日本初のヒマラヤ遠征隊である立教大学山岳部が1936年、ヒマラヤの未踏峰「ナンダ・コート」(6867m)登頂に成功して81年目。その80周年記念事業の一環で企画されたナンダ・コート再登頂遠征隊の壮行会が7月4日、東京都豊島区の立教大学で行われました。

壮行会は、構内のチャペルで挙行され、吉岡知哉総長、中川英樹チャプレンが隊員の大蔵喜福(隊長)、堀達憲、鈴木拓馬、山田祐士を激励しました。隊員達は「心をあわせて目的達成のために全力を尽くします」と誓いました。
遠征隊は9月17日に日本を発ってインドに入り、10月5日の登頂を目指します。81年前、立大山岳部(堀田弥一隊長、隊員計5人)は初登頂成功の証として山頂に立大校旗、日章旗、毎日新聞社旗を埋めて来ました。今回、遠征隊は山頂に埋めた旗を探し、日本山岳史に残る堀田隊長達の足跡を検証します。

壮行会に先立って遠征隊派遣の記者発表が同日、立大構内で行われました。併せてアルピニスト、野口健氏が記念講演し、山をめぐる自信の体験などを語りました。

毎日新聞20170705

, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

お知らせ

2017年 第2回日本こども映画コンクール 作品募集

2017年6月12日  

japan-jfa_box

 第2回日本こども映画コンクールの作品を募集します。小学4年生以上の小学生と中学生が制作した作品を対象とします。作品は自由(物語、公共広告、ドキュメンタリーなど)と、動植物など自然界の多様な様子を映像で捉えた自然科学の分野で応募できます。作品の長さは5分以内で、制作方法は実写、アニメなど自由です。ただし、2017年1月~12月末まで制作された作品に限ります。応募締め切りは2018年1月8日です。
 グランプリ賞など優秀作品は全国無料衛星放送「BS11」で放送されるほか、宮田亮平前東京芸大学長(文化庁長官)が制作したブロンズ像などが授与されます。
 規約など詳しい内容はコンクールのホームページ(アドレスhttp://japan-jfa.com/)をご覧ください。
 
応募先
日本こども映画コンクール事務局
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5 BS11ビル
電話03-3518-4112

, , , , , , , ,

山岳

登山家、栗城史多氏 ナンダ・コートを想う

2017年5月2日   Video

1936(昭和11)年、ヒマラヤの未踏峰「ナンダ・コート(6867m)」を征服した立教大学山岳部の若き学生達の夢を、大蔵喜福(64)、栗城史多(34)の2人の登山家がナンダ・コート初登頂80周年を記念して語り合った。
大蔵は、マッキンリーに24回登頂し、「風の研究」で第三回秩父宮記念山岳賞に輝くベテラン登山家。栗城は、六大陸の最高峰に登頂し、無酸素、単独でエベレストに挑み続ける若きアルピニスト。
栗城は、十分情報の無い時代に独学でヒマラヤの山を研究し、未踏峰に挑んだ学生達の夢の力に驚き、“否定の壁”を超えた初登頂の偉業を称えた。
大蔵は今年10月、立大山岳部OB達と遠征隊を組んで再びナンダ・コートの頂を目指す。大蔵は、真摯に語る栗城の話に耳を傾け、80年前の学生達のロマンをトレースしていた。
ナンダ・コート初登頂80周年記念事業は今秋、再登頂の山場を迎える。

copyright©2017 Mainichi Productions.All right reserved.